スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”鉄道”の阪神を広岡友紀氏が語る・・・日本の私鉄「阪神電気鉄道」

広岡友紀氏による日本の私鉄(厳密に言えば民鉄)各社をピックアップし、鉄道から会社経営まで広範囲にわたって論評される「日本の私鉄」シリーズ。昨年は阪急電鉄編が出版された旨を紹介しました。
今月「阪神電気鉄道」編が出版され、早速購入してきました。

日本の私鉄 阪神電気鉄道日本の私鉄 阪神電気鉄道
(2012/03/10)
広岡 友紀

商品詳細を見る

帯には「鉄道のほうの阪神ファンの方々へ」と銘打ってますが、取り上げるのは勿論、本業である鉄道部門が中心。
阪神電気鉄道の「軌道」から始まる歴史、車両や駅・施設、経営戦略に渡り詳細に述べておられます。
勿論、ハゲタカファンドの1つである所謂「村上ファンド」(代表は村上世彰。あえて敬称略)による株式の大量取得から阪急阪神ホールディングス発足の経緯についても述べておられます。
どう見ても、村上の金目当てであることは明白でありますが・・・

まだ読み始めたばかりですが、タイガース好きであり、バス好きであり、鉄道好きでもある阪神ファンの私にとっては見過ごせない1冊です。

阪神電気鉄道の親会社は「阪急阪神ホールディングス」。ということで、親会社が同じである阪急電鉄の本についても合わせて読めば、同じグループ会社であっても伝統や歴史、企業風土などの違いがすぐ分かると思います。

『日本の私鉄 阪神電気鉄道』広岡友紀・著
(毎日新聞社、\1,500)

1000系・1203-1253(快速急行・奈良ゆき)

尼崎センタープール前にて 2011.06.19


関連記事(当ブログ内)
阪急電鉄の事業戦略と歴史が詰まった1冊


にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ
スポンサーサイト

コメントの投稿

【ご注意】
投稿されたコメントは、管理人の承認後に掲載されます。
コメント投稿に関する注意事項は、こちら をご確認下さい。

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

あまのトら

Author:あまのトら
鉄道・バスをはじめ、車やカメラなど多趣味な尼っ子です。
この度、ウェブリブログより移転しました。ブログ歴は3年6か月になります。

FC2ブログランキング
車両動向
バス車両・鉄道車両/編成の最新動向一覧です。随時更新します。
阪急バス
兵庫地区・京都地区・豊中・加島・能勢
阪急田園バス
阪神バス
尼崎市営バス
伊丹市営バス

阪神電車
リンク
当ブログ、以下のサイト共々よろしくお願い申し上げます。
リンク集へ...
カテゴリ
最新コメント
阪神タイガース
ジオターゲティング

ジオターゲティング
Track Word
RSSリンクの表示
検索フォーム
当ブログを携帯で読む
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。