スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【阪急阪神撮影記】阪神電車・武庫川線の両開き扉車

長らく続いた5月5日(土)の撮影分。今回が最後の記事となります。
最後は、阪神電車・武庫川駅から伸びるローカル線である「武庫川線」。武庫川~武庫川団地前の1.7kmで、最高速度は45km/h。都心部にしては、かなりのんびりとした路線です。
本記事では、武庫川線の乗車日記として車両を中心に紹介します。

まずは、武庫川駅に到着前の様子。
画像
コレに乗って、終点の武庫川団地前まで行きます。今回乗車したのはこの編成。

画像
武庫川線用で唯一の両開き扉、7890-7990編成です。元々は3801形を改造した形式で、2000年のワンマン運転開始に伴う改造を受けました。

画像
阪神では希少となった、バンドン式連結器。現在では、武庫川線用車両でしか見られません。
※かつて、看板ジェット5143-5314も連結器はバンドン式のままでした。阪神なんば線開通後から廃車までの間、本線唯一のバンドン式連結器装着車でもありました。

画像
武庫川線の表示幕。

画像
武庫川車両の銘板。この車両は昭和49年の製造です。

画像
7890の運転台。狭苦しい印象を受けます。

画像
ドア開閉スイッチ。45度回すとブザーがなり、更に90度まで回すとドアが開閉されます。
「切」のレバーの状態が水平になっているのが特徴です。

この後、武庫川団地前駅の改札を出て、しばし休憩。折り返しの列車(といっても来たのは同じ編成)が到着するまで待ち、再びこの編成に乗って武庫川へ戻りました。

画像
武庫川へ到着直後。画像は武庫川寄り先頭車の7890。

印象としては、低速だからか比較的静かでした。ドアの開閉も本線用車両並みに穏やかでしたが、個人的には2000系の廃車発生品(ドアエンジンなど)を流用したのではないかと推測しています。

阪神電車の原型を保っている、レアな車両。讀賣色にリニューアルされてしまった車両が増加傾向にある中で、赤胴車として末永い活躍を願わずにいられません。

Amacco様との阪急阪神な乗り鉄と撮り鉄、そして濃いトークの時間は早く過ぎ去り、1日が終わりました。ご一緒したAmacco様には、この場を借りて御礼申し上げます。

2012.05.05撮影

【関連記事】
武庫川線については、以前にAmacco様のブログで詳しく紹介しております。どうぞ、ご覧くださいませ。
新・尼っ子の阪急阪神なブログ
阪神武庫川線
【1921】これこそ「阪神電車」


にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ

スポンサーサイト

コメントの投稿

【ご注意】
投稿されたコメントは、管理人の承認後に掲載されます。
コメント投稿に関する注意事項は、こちら をご確認下さい。

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

あまのトら

Author:あまのトら
鉄道・バスをはじめ、車やカメラなど多趣味な尼っ子です。
この度、ウェブリブログより移転しました。ブログ歴は3年6か月になります。

FC2ブログランキング
車両動向
バス車両・鉄道車両/編成の最新動向一覧です。随時更新します。
阪急バス
兵庫地区・京都地区・豊中・加島・能勢
阪急田園バス
阪神バス
尼崎市営バス
伊丹市営バス

阪神電車
リンク
当ブログ、以下のサイト共々よろしくお願い申し上げます。
リンク集へ...
カテゴリ
最新コメント
阪神タイガース
ジオターゲティング

ジオターゲティング
Track Word
RSSリンクの表示
検索フォーム
当ブログを携帯で読む
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。