スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山電鐡「たま電車」乗車記(2012.01.27) その2

前記事「和歌山電鐡「たま電車」乗車記(2012.01.27)」の続きです。

前回は「たま電車」の外観を紹介しましたが、今回は車内を中心に紹介します。たま駅長をモチーフにしたデザインと木を多用した、癒しと温もりのある車両です。
本記事は画像を多用しているので恐縮ですが、どうぞご覧下さいませ。

wakayama-dentesu_2275_20120127-011.jpg
和歌山から1駅目、田中口にて撮影。


乗務員室後部、出口付近の様子。「たま」の柄の壁紙が貼られています。
上部の正面には運賃表示が設置されていますが、その両脇には「たまサポーター」一覧の額縁があります。


両脇にある「たま電車サポーター」額縁。「たま電車」としての改造にあたり、費用を出して下さった個人名や団体が書かれています。
※画像は加工しています。


運転席の様子。こちらは通常の2270系と変わりありません。


車内のシート。様々なデザインのベンチが設置され、1席ごとにクッションが敷かれています。
ちょっと見にくいですが、この画像右側の窓には、「たま」がヒョイと覗き込んでいます。


右側の小屋?は、「たま」の駅長室です。「たま」が中に居ます。
左側は何でしょう・・・?


連結部付近には、このような棚があります。
画像左側は、猫に関する絵本が並べてあります。また、画像右側は猫つながりなのか、「ドラえもん」のフィギュアがズラリと並んでいます。


連結部に設置されている本棚。いろんな絵本や漫画本が揃っています。
ちなみに、本棚には画像左から「たま文庫」、「いちご文庫」、「ぽち文庫」と名前が付いています。ん?「ぽち文庫」??
犬に関する本が揃ってるのでしょうか?(スミマセンが、どういう本かは確認してません)


連結部の様子。扉脇にテーブルが、本棚部には一体型のベンチが備わってます。本棚と反対側にはソファーがあります。
なお、通路には「のれん」が飾ってあります。


連結部の通路から車内全体を望む。

本当は、これら画像だけでは伝えきれない、「たま電車」の魅力が結構あります。
機会があれば、また乗りに行きたいと思っています。(ただし、この時に触れていなかった「おもちゃ電車」も乗れるなら・・・)

ご覧いただき、ありがとうございました。



2012.01.27撮影

【関連記事】拙ブログ内
和歌山電鐡「たま電車」乗車記(2012.01.27)



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道
スポンサーサイト

コメントの投稿

【ご注意】
投稿されたコメントは、管理人の承認後に掲載されます。
コメント投稿に関する注意事項は、こちら をご確認下さい。

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
アクセスカウンター
プロフィール

あまのトら

Author:あまのトら
鉄道・バスをはじめ、車やカメラなど多趣味な尼っ子です。
この度、ウェブリブログより移転しました。ブログ歴は3年6か月になります。

FC2ブログランキング
車両動向
バス車両・鉄道車両/編成の最新動向一覧です。随時更新します。
阪急バス
兵庫地区・京都地区・豊中・加島・能勢
阪急田園バス
阪神バス
尼崎市営バス
伊丹市営バス

阪神電車
リンク
当ブログ、以下のサイト共々よろしくお願い申し上げます。
リンク集へ...
カテゴリ
最新コメント
阪神タイガース
ジオターゲティング

ジオターゲティング
Track Word
RSSリンクの表示
検索フォーム
当ブログを携帯で読む
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。