スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京葉線E233系

10月20日(土)の撮影分です。
先日の記事「復原された東京駅」の続きです。丸の内駅舎を見学した後は、目的地へ向かうために京葉線に乗りました。
今回は、京葉線の車両について紹介します。

丸の内駅舎(南改札)から約400m(!)というとんでもない距離を歩かされるのですが、行きついた先には赤色の帯を巻いたE233系が止まっていました。
jre_e233-5013_20121020-001.jpg

前面の行先表示
jre_e233-5013_20121020-002.jpg
表示は数パターン切り替わります(種別・路線名・行先、日本語/英語)。コンデジでは追いつかないので、この分のみの撮影です。
表示の両脇にあるのは、尾灯のようです。

先頭部の様子と前方の車止めを望む
jre_e233-5013_20121020-003.jpg
JR東の車両によくみられる先頭形状。乗務員室のスペースが広いため、最前部の乗降扉の位置がズレています(側窓も一回り小さくなっている)。

側面の種別・行先表示
jre_e233-5013_20121020-009.jpg
種別・路線名・行先(日本語/英語表示)の他、次の停車駅も表示されます。

車外の車番表記
jre_e233-5013_20121020-007.jpg

乗務員室仕切り部
jre_e233-5013_20121020-004.jpg

車端部の車番・号車表示
jre_e233-5013_20121020-005.jpg
JRでは唯一、車両製造工場を持つ東日本。新潟県の新津車両製作所で製造された、自社製車両です。

1号車・クハE232-5013の車内
jre_e233-5013_20121020-006.jpg
関東の車両に見られる特徴的な車内。バケットシートに座席の仕切り部が目立ちます。
民鉄の一部形式でE233系ベースに製造されている車両があり、関西では南海電鉄8000系もこのような車内となっています。

1号車・クハE232-5013の車端部に設置されている、車いすスペース
jre_e233-5013_20121020-008.jpg
窓下の出っ張りはヒーターと思われます(間違っていればご指摘ください)

車内の各扉上部にあるLCD
jre_e233-5013_20121020-010.jpg
左はニュースや企業CMなどが、右は停車駅等の案内が流れます。

jre_e233-5013_20121020-011.jpg

2012.10.20撮影

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ
スポンサーサイト

コメントの投稿

【ご注意】
投稿されたコメントは、管理人の承認後に掲載されます。
コメント投稿に関する注意事項は、こちら をご確認下さい。

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

あまのトら

Author:あまのトら
鉄道・バスをはじめ、車やカメラなど多趣味な尼っ子です。
この度、ウェブリブログより移転しました。ブログ歴は3年6か月になります。

FC2ブログランキング
車両動向
バス車両・鉄道車両/編成の最新動向一覧です。随時更新します。
阪急バス
兵庫地区・京都地区・豊中・加島・能勢
阪急田園バス
阪神バス
尼崎市営バス
伊丹市営バス

阪神電車
リンク
当ブログ、以下のサイト共々よろしくお願い申し上げます。
リンク集へ...
カテゴリ
最新コメント
阪神タイガース
ジオターゲティング

ジオターゲティング
Track Word
RSSリンクの表示
検索フォーム
当ブログを携帯で読む
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。