スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南海本線・浜寺公園駅

10月7日(日)の撮影分です。
先日の南海電車2000系「2扉車」について紹介しましたが、この車両で目的地である「浜寺公園駅」まで乗りました。実はこの駅舎、私鉄最古の歴史ある建物であるということで、今回はこの駅について改札内外の様子を紹介します。

駅舎の全景
画像


画像
駅舎の右側(南側)には、「浜寺ステーションギャラリー」があります。

画像
こちらは、駅舎左側(北側)にある石碑。
この駅舎が建てられたのは、明治40(1907)年。私鉄最古の駅舎として、大切に保存されています。

次に、駅ホームの様子を。

なんば方面ホームの様子
画像
この駅はちょっと変わっており、南北にのりばが2箇所並ぶ形になっています。南側は、通常のなんば方面のりば(3番ホーム)です。
撮影時は、なんば行き普通車の7000系が停車していました。

で、何が変わっているかというと・・・

画像
3番ホームの先端部にポイントがあり、ここから退避用に4番ホームが設置されています。
朝夕のラッシュ時には、優等列車の退避を行うために、一部列車がこのホームに停車します。

画像
なんば方面のホームには、次の電車ののりばを案内するための表示器があります。
西改札(上画像の駅舎内)、及び東出口から上る階段の2箇所に設置されています。

画像
和歌山市方面のホームを望む。ちょうど、7000系の急行が通過するところです。

浜寺公園駅、及び隣の諏訪ノ森駅周辺とともに高架化の計画があるようで、周辺も変わろうとしています。しかし、貴重な建物である駅舎は建築の歴史を物語る上で大切な財産。今後も、大切に保存してもらいたいものです。

2012.10.07撮影

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ

スポンサーサイト

コメントの投稿

【ご注意】
投稿されたコメントは、管理人の承認後に掲載されます。
コメント投稿に関する注意事項は、こちら をご確認下さい。

非公開コメント

アクセスカウンター
プロフィール

あまのトら

Author:あまのトら
鉄道・バスをはじめ、車やカメラなど多趣味な尼っ子です。
この度、ウェブリブログより移転しました。ブログ歴は3年6か月になります。

FC2ブログランキング
車両動向
バス車両・鉄道車両/編成の最新動向一覧です。随時更新します。
阪急バス
兵庫地区・京都地区・豊中・加島・能勢
阪急田園バス
阪神バス
尼崎市営バス
伊丹市営バス

阪神電車
リンク
当ブログ、以下のサイト共々よろしくお願い申し上げます。
リンク集へ...
カテゴリ
最新コメント
阪神タイガース
ジオターゲティング

ジオターゲティング
Track Word
RSSリンクの表示
検索フォーム
当ブログを携帯で読む
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。