スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神姫バス [明]5276(三菱ふそう・PJ-MP37JM)

神姫バス・明石営業所の三菱ふそう・エアロスターノンステップバス。平成18(2006)年式の標準尺車、5276号車です。

画像
画像

この車両は国交省標準仕様ノンステップに準拠しており、シートモケットがブルー系になっています。
前扉~中扉間の非公式側は1人掛け×4列配置で、全て跳上式となっています。窓枠は、神姫標準のアルミ調銀色のサッシを採用しています。

現在、神姫バスグループの「ちいき・みらいプロジェクト」の一環として実施された、絵画コンクール「未来のバスの絵」最優秀作品がラッピングされています。(姫路・加古川にも1台ずつラッピングされています)

この型式、明石では意外にも、この車両を含め2台しか在籍していないレアな車両です。

明石駅にて 2012.09.11

【関連記事】 拙ブログ内
神姫バス [加]23675(三菱ふそう・PA-MK27FH)


車両概要
◆車両番号
5276
◆登録番号
神戸200か2194
◆車名
三菱ふそう エアロスター・ノンステップバス
◆車体
三菱ふそうバス製造
◆型式
PJ-MP37JM
◆床形状
ノンステップ
◆乗降扉
(前)グライドスライド扉、(中)引扉
◆ミッション
5速マニュアル
◆車いすスペース
クロス2席跳上式×2台分
◆車いす乗降スロープ
手動引出式
◆所属
神姫バス・明石営業所
◆備考
神姫バスグループ「未来のバスの絵」
最優秀作品ラッピング(2011~)
国土交通省認定 標準仕様ノンステップバス

にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ にほんブログ村 バス(車)

スポンサーサイト

第12回スルッとKANSAIバスまつり・神姫バス編

2012年9月23日(日)に京都国際会館で行われた「第12回スルッとKANSAIバスまつり」。
例年新車を出展している神姫バスですが、今回は意外にも経年車を出展してきました。特急・急行として運用される、所謂「ワンロマ車」で、1995(H7)年式の三菱エアロスターです。

[田]4190 三菱・U-MP618M改
画像
画像

今回展示されたのは、三田営業所の4190号車です。かつては、西脇急行(急行・三宮~西脇営業所)や三宮有馬線(三ノ宮~有馬温泉)など高速道路や自動車専用道路を経由する路線バスとして運行されていました。
神姫バスが今回、この車両を選んだ理由として、

(1) 全国的にも希少車種であること
(他には、しずてつジャストラインにしか在籍していない模様)
(2) 老朽化により廃車が進行し、現在8台しか残っていない。更に、残った車両も間もなく全廃となること

ということから、バスまつりの来場客に見てもらいたいという思いがあったようです(車内に展示の資料より)。

今回は、車内外の画像を紹介します。

画像
出口(前扉)横の様子。右側の「田」プレートは、三田営業所所属車両であることを表しています。
※ちなみに、「三」は三木営業所のことです。

画像
入口(後扉)の様子。見た目は、一般路線用のツーステップと同じ。

画像
特別に、後部のエンジンルーム内部が公開されました。ターボチャージャー搭載です。

画像
車内の様子。人が多いため、見苦しい点はご了承ください。

画像
これがワンロマ車の座席。ハイバックシートを採用し、シートベルトも装備されています。

画像
路線バスであるため、「とまります」ボタンも装備されています。しかし、この形状のものは最近見かけません。

画像
運転席後部の仕切り。
左上は、神姫バスの特徴と言えるプレート掛けです。

画像
運転席横の運賃箱。ICカード(NicoPa、PiTaPa)対応です。

画像
前部の運賃表

画像
運転席の様子。高速用のイメージが強い感じの運転席と言えます。もちろん、シートベルトは装備されています(2点式?)。

このような車両は三田・三木・西脇に合計8台しか残っておらず、神戸・明石・三木・社・西脇地区で運が良ければという程度でしかお目に掛かれない状況となっています。
全国的にも数少ない、神姫バスの特徴的な車両であったワンロマ車。最後までトラブルなく活躍してくれることを期待します。

【関連記事】
1116Fの鉄・バス日和(1116F様)
神姫バスのワンロマ車 4191号車

(拙ブログ内)
一般路線の運用に就く神姫バスのワンロマ車 (2010.10)
三木4262の紹介

神姫バスが運行する三宮有馬線 (2010.03)
西脇3994、4291の画像あり


車両概要
◆車両番号
4190
◆登録番号
神戸22か 5802
◆車名
三菱 エアロスター
◆車体
三菱自動車バス製造
◆型式
U-MP618M改
◆床形状
ツーステップ
◆乗降扉
(前)折扉、(後)引扉
◆ミッション
5速マニュアル
◆車いすスペース
なし
◆所属
神姫バス・三田営業所
◆転属歴
1995  神戸営業所 (神戸22か 5802)[新製配置]
→ 西脇営業所
→ 三田営業所
◆備考


にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ にほんブログ村 バス(車)

「かこバス」用のポンチョ

神姫バスにより運行されている、加古川市コミュニティバス「かこバス」。主に加古川市南部(加古川駅~尾上・別府・東加古川駅方面)で運行されています。
以前は三菱の小型車がほとんどを占めてきましたが、最近は小型ノンステップである日野ポンチョ(ジェイ・バス小松車体製)の長尺車も導入されています。
今回は、かこバス用のポンチョを紹介します。所属は加古川南出張所です。

[加]31674 日野・ADG-HX6JLAE
画像
2006年式で、かこバス初のポンチョとなりました(神姫バスとしては、フルモデルチェンジ後初となる導入)。
この年、かこバスの新路線として加古川駅北口発着の「尾上・鳩里(きゅうり)」ルートが開業され、それに合わせて導入されました。

[加]31676 日野・ADG-HX6JLAE
画像
上記31674と同時導入されました。2006年式のポンチョは、他に31675もあり、合計3台導入されました。

[加]32071 日野・BDG-HX6JLAE
画像
2010年式で、排ガス規制に伴って改良されたモデルです。かこバス運行当初より使用されてきた、三菱の小型車置換えとして導入されました。

[加]32072 日野・BDG-HX6JLAE
画像
2010年式ですが、こちらは神姫バスの一般路線用カラーでの導入です。
「かこバス」と高砂市コミュニティバス「じょうとんバス」の共通予備車両として運用されている模様です。運用時はご覧のとおり、コミュバスのステッカー(マグネット式?)が前・側面・後に付けられています。

かこバスは神姫バスの一般路線よりも2倍、それ以上に本数が多く、利用客も満席に近い状況となっています。
以前にも拙ブログでコメントしましたが、加古川市は面積が広いとはいえ、交通の利便性の高さはごく狭い範囲に限られているように思います。

31676は2011.08.16撮影
それ以外は2012.09.09撮影

【関連記事】(拙ブログ内)
加古川市コミュニティバス「かこバス」のエアロミディ


にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ にほんブログ村 バス(車)

神姫バス [加]23675(三菱ふそう・PA-MK27FH)

JR神戸線・加古川駅を中心に路線展開している神姫バス・加古川営業所管内では、中型短尺車が多数を占めています。
その内の一つが、三菱ふそう・エアロミディ9mノンステップ車。今回紹介するのは、2006年式の23675号車です。

画像
画像

この車両は国交省標準仕様ノンステップに準拠しており、シートモケットがブルー系になっています。
前扉~中扉間の非公式側は1人掛け×3列配置で、内2列は跳上式となっています(車いすスペース確保のため)。

現在、神姫バスグループの「ちいき・みらいプロジェクト」の一環として実施された、絵画コンクール「未来のバスの絵」最優秀作品がラッピングされています。

加古川駅にて 2012.09.09

車両概要
◆車両番号
23675
◆登録番号
姫路200か.535
◆車名
三菱ふそう エアロミディ
◆車体
三菱ふそうバス製造
◆型式
PA-MK27FH
◆床形状
ノンステップ
◆乗降扉
(前)折扉、(中)引扉
◆ミッション
5速マニュアル
◆車いすスペース
クロス2席跳上式(1台分)
◆車いす乗降スロープ
手動引出式
◆所属
神姫バス・加古川営業所
◆備考
神姫バスグループ「未来のバスの絵」
最優秀作品ラッピング(2011~)
国土交通省認定 標準仕様ノンステップバス

にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ にほんブログ村 バス(車)

三木鉄道代行バス

JR加古川線・厄神駅から東へ三木方面、第三セクターの三木鉄道が通っていました。
利用客の減少等に伴って2008年に廃止され、それ以降は神姫バスによる代行バスが運行されています。その代行バスには、日野・ポンチョなどの小型車が使用されています。運行担当は三木営業所です。

[三]31870 日野・BDG-HX6JLAE
画像
画像


[三]31871 日野・BDG-HX6JLAE
画像


掲載の車両はいずれも、2008年式日野・ポンチョの長尺ノンステップ車です。神姫バスのポンチョはコミュニティバス用が多く、専用カラーが多かったのですが、この代行バス用車両が神姫バスカラーを纏った初のポンチョとなりました。

運行ルートは、旧三木鉄道の線路に沿った県道が中心です。一部を除き、厄神駅から旧三木鉄道・三木駅を経て三木営業所、または神戸電鉄粟生線・恵比須駅を結びます。
撮影当時は正月三が日の期間であったためか、乗客は少なめでした。

なお、この代行バスには旧姫路市営の日デRM(7mワンステップ車)も使用されています。※申し訳ありませんが、撮影当時は確認出来なかったので画像はありません。

厄神駅にて 2012.01.03


にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ にほんブログ村 バス(車)

元姫路市営の神姫バス・日デRMノンステ

姫路市営バスでは2010年までに車両を神姫バスに委譲してきましたが、その中で以前より日デのRMが多数を占めていました。2001年に姫路市営に合計6台が導入されましたが、その内5台が2009年4月に移籍しました。
本記事で紹介する車両は、いずれも姫路営業所に配属されたノンステップバスで、姫路駅を起点とする路線で活躍中です。

[姫]23170 日デ・KK-RM252GAN
画像


[姫]23173 日デ・KK-RM252GAN
画像
画像
神姫バスグループでは「ちいき・みらいプロジェクト」を展開しています。その一環として、絵画コンクール「未来のバス絵」の入賞作品をラッピングという形で掲出しています。

[姫]23174 日デ・KK-RM252GAN
画像


23174の中扉以降の座席(公式側より)
画像
姫路市営からの移籍車は、外観よりも内装。特にグリーンのシートモケットで判別できます。神姫バス生え抜きの車両にはない、ハイバックシートとなっています。

いずれも姫路駅(北口)にて 2011.08.17


にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ にほんブログ村 バス(車)

姫路城周辺観光ループバス用のローザ

姫路駅と国宝姫路城の周辺を結ぶ「姫路城周辺観光ループバス」があります。運行は神姫バス(姫路営業所)が担当しており、専用の車両が2台用意されています。

姫路200あ.250(社番なし) ふそう・PDG-BE64DG改
画像
画像

専用車両は三菱ふそう・ローザで、ボンネット仕様のレトロな雰囲気に改造されています。乗車経験はないので車内の紹介は省略しますが、懐かしさを感じさせるカラーリングに、屋根上の「ハチマキ」の様な飾りが付いています。
車両後部には、車いす乗降用のリフトが設置されています。

車両前部の「ハチマキ」部には、姫路市のマスコットキャラクターである「しろまるひめ」が描かれています。この車両は2009年に登場しましたが、登場当時は「しろまるひめ」はありませんでした。。

このようなボンネットタイプは、神鉄バスの「有馬温泉ループバス」などもあります。ボンネットタイプの車両が一切製造されない時代なだけに、懐かしくも面白い乗り物なのではないかと思います。

姫路駅(北口)にて 2011.08.17


にほんブログ村 その他趣味ブログ バス(車)へ にほんブログ村 バス(車)

アクセスカウンター
プロフィール

あまのトら

Author:あまのトら
鉄道・バスをはじめ、車やカメラなど多趣味な尼っ子です。
この度、ウェブリブログより移転しました。ブログ歴は3年6か月になります。

FC2ブログランキング
車両動向
バス車両・鉄道車両/編成の最新動向一覧です。随時更新します。
阪急バス
兵庫地区・京都地区・豊中・加島・能勢
阪急田園バス
阪神バス
尼崎市営バス
伊丹市営バス

阪神電車
リンク
当ブログ、以下のサイト共々よろしくお願い申し上げます。
リンク集へ...
カテゴリ
最新コメント
阪神タイガース
ジオターゲティング

ジオターゲティング
Track Word
RSSリンクの表示
検索フォーム
当ブログを携帯で読む
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。