スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大鉄道展@JR京都伊勢丹

ここ最近、鉄道に関するイベントが目白押しですが、本日は、7月17日(金)より開催されている「大鉄道展」に行ってきました。
画像

大正時代から走っていた蒸気機関車から新幹線まで、写真や模型を交えての説明が掲示されています。
また、電車特急「こだま」や0系新幹線のシート、また0系新幹線の運転台やパンタグラフも展示しておりました。(もちろん、本物)

国鉄では、かつて特急「つばめ」に「つばめガール」と呼ばれる女性の乗務員もいたそうで、当時の写真や掲載雑誌も展示されていました。

8月23日(日)まで、JR京都伊勢丹7階・美術館「えき」KYOTOにて開催されています。
なお、会場内での撮影は不可、携帯電話の電源はお切り下さい。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村

スポンサーサイト

同大の次は近大…第30回学外展「鉄道展」~長崎へ行こう~

大阪・港区の交通科学博物館では、27(土)~28(日)の間、近畿大学文化会鉄道研究会による『第30回学外展「鉄道展」~長崎へ行こう~』が開催されています。
画像

先日、同志社大の写真展が行われましたので、2学続けて、合わせて3週間程の連続開催となります。

近畿大学文化会鉄道研究会では毎年、研究を兼ねた合宿を行っているそうで、今回は長崎観光と長崎を走る鉄道車両の紹介がありました。

メインは、もちろん鉄道車両の紹介。
JR九州の長崎方面への特急車両(かもめ、みどり、ハウステンボスなど)や、長崎の路面電車「長崎電気軌道」の全形式がありました。
また、3月で廃止となったブルートレインの記念グッズや、ヘッドマークの再現(学生さんの手作り)などもありました。

ハウステンボスやグラバー邸など、長崎の観光名所についても紹介していました。

一通り見ると、卒業研究かと思うほど、なかなかの見物でした。

鉄道模型(Nゲージ)の走行も行われており、模型車両にカメラを付けて前面展望を流していました。

明日(28日)の15:00までの開催ですので、まだの方はお早めに。
※時間に注意。

京阪中之島駅周辺をぶらぶら

昨日(20日)は京阪3000系を撮りに行きましたが、折角なので中之島まで乗り、そこから周辺をちょっと歩いてみました。

中之島駅の出口(北側)から遊歩道に出てみました。

画像
ある程度は整備されていますが、西側はまだ工事中。

遊歩道より低い位置に道路(中之島通り)があるので、いったんそこへ降りてみました。
工事中看板を見ると、
画像
7月31日終了予定でした…
場所によっては、8月末終了予定というのもありました。

画像
リーガロイヤルホテル
京阪中之島駅の出口に直結しています。

画像
大阪国際会議場
(最上部が切れていますが…)

画像
その南側には、住友病院があります。

中之島には、淀屋橋発着のループバスというのが走っています。
日本タクシー北港観光バスが運行している「ふらら」です。
画像
画像
車両は、一つ目ライトの日野・ブルーリボンIIが使用されています。
運賃は大人200円。支払は現金またはふらら用回数券のみ。
尼崎や伊丹の市営バスと同じく、前乗り(前払い)・後降り方式になっています。
運転本数は、昼間は15分間隔、その他は20~30分間隔で運行されています。

画像
リーガロイヤル前停留所

画像
路線図です。淀屋橋から中之島西部を巡回するルートになっています。

今日は大阪国際会議場で何かイベントがあったようですが、それ以外では静かな印象を受けました。
駅周辺の人通りは少なかったです。

また、中之島線は運賃が高いからなのか…ごのご時世、企業が新線利用は費用がかかるため「新線をなるべく使うな」と言われているため?
それとも、ビジネス街という印象が強いから?何もないからなのか?
管理人がまだ知らないだからかもしれませんが…

中之島線が開通し、周辺も徐々に整備されている状況。これから良くなってくれることを願って結びとします。

エコポイント交換商品を発表

すでに報道や掲示板、他のブロガー様が書かれておりますが、省エネ家電など購入時に付与される「エコポイント」で交換ができる商品一覧が発表されました。
エコポイント交換商品及び商品提供事業者一覧(第1次募集) 環境省

関西の公共交通機関に絞って紹介しますと、

  • ICカード「ICOCA」・オレンジカード(JR西日本)

  • 近鉄「週末フリーパス」

  • 阪急阪神1dayパス *1

  • 阪急・阪神バス共通カード *2

  • ICカード「NicoPa」チャージ引換券(神姫バス)


となっています。
1ポイント=1円単位で交換できるようです。

*1:事業者名は「阪急電鉄」となっている
*2:事業者名は「阪急バス」となっている

ここで注意すべきことは、
  • 神姫バス(他地域では、ことでんや伊予鉄など)では「チャージ引換券」となっており、お手持ちのICカードへ追加チャージ可能

  • JR西日本のICOCA(他にSUICA・TOICA・九州のSUGOCA・nimocaなど)は、ICカードそのものと交換。すでにお手持ちのICカードへの追加チャージは不可

一覧を見ると、エコにつながるもの(公共交通機関やMOTTAINAIキャンペーンなど)から「ん?」というものまで様々。交換商品については再考の余地があるのではないでしょうか?

近鉄や阪急阪神の乗車券は大歓迎ですし、他地域では、特に西鉄バスの各種乗車券や定期補助券は魅力的に思います。

同志社大学鉄道同好会クローバー会写真展 鉄路輝く

大阪・弁天町の交通科学博物館において、鉄道写真展「同志社大学鉄道同好会クローバー会写真展 鉄路輝く」が開催されています。

詳細は、こちらのサイトに掲載しています。
交通科学博物館 イベント

本日、このイベントに行ってきました。
同会に所属していた卒業生の方々が撮影された、いろいろな作品が展示されています。
いろんな地方や路線の鉄道車両や風景があり、「はぁ~」と見とれてしまうものばかりでした。
デジタル一眼レフでの作品はもちろんのこと、中には右半身不随になりながらもコンデジを左片手で撮影された素晴らしいものまで展示してあります。

私としては、非常に参考になりました。

期間は6月21日(日)までです。

※展示会場へは、入館料400円(大人)が必要です。ご注意を。

大阪府流入車規制

大阪府では、府内道路の排気ガス削減を目的として、2009年1月1日より「流入車規制」を実施しています。
対象地域は、豊能町、能勢町、岬町、太子町、河南町、千早赤阪村の6町村を除いた大阪府の地域内です。

これにより、一定の排出ガス基準を満たさない車両は、大阪府内での発着ができません。(通過のみの場合は可能)
また、これは大阪府周辺の府県だけではなく、他地域で登録されている全国のトラックやバスが対象となります。

概ね「KL-」車(=平成11年排出ガス適合車)以降の新しい基準に適合している車両は、青色のステッカーが車両前面、または側面に貼り付けられます。

大阪府流入車規制・車種規制適合車ステッカー
青色の「車種規制適合車」ステッカー
伊丹市営のエルガ(2006年式) PJ-LV234L1
※伊丹市交は、大阪空港発着の路線があるためです

一方、概ね「KC-」車(=平成6年排出ガス適合車)以前の車両は、車種適合の対象外です。
ただし、一定の期間、つまり車検有効期限までなら「経過処置対象車」として、緑色のステッカーが車両前面、または側面に貼り付けられます。

大阪府流入車規制・経過処置対象車ステッカー
阪急バスのふそう車(2775号車) KC-MP747M
※大阪府内と他府県をまたぐ路線走行や、転属に対応するためです

詳細は、下記URLに記載しています。
大阪府流入車規制(大阪府のウェブサイト)


新型インフルエンザ拡大防止に伴う注意喚起

すでに報道されている通り、新型インフルエンザの感染拡大防止に伴い、各鉄道事業者の従業員全員にマスク着用が徹底されています。

大阪市営地下鉄では、2枚の注意喚起が貼られています。(画像は御堂筋線・梅田駅にて)

地下鉄御堂筋線・梅田駅での注意喚起

一方、阪急梅田駅には大判の注意喚起が貼られています。

阪急梅田駅での注意喚起

どの路線においても、乗客の半数ほどがマスクを着用していました。

皆様、マスクが入手困難となっていますが、それでも手洗い・うがいで感染防止に努めましょう。

アクセスカウンター
プロフィール

あまのトら

Author:あまのトら
鉄道・バスをはじめ、車やカメラなど多趣味な尼っ子です。
この度、ウェブリブログより移転しました。ブログ歴は3年6か月になります。

FC2ブログランキング
車両動向
バス車両・鉄道車両/編成の最新動向一覧です。随時更新します。
阪急バス
兵庫地区・京都地区・豊中・加島・能勢
阪急田園バス
阪神バス
尼崎市営バス
伊丹市営バス

阪神電車
リンク
当ブログ、以下のサイト共々よろしくお願い申し上げます。
リンク集へ...
カテゴリ
最新コメント
阪神タイガース
ジオターゲティング

ジオターゲティング
Track Word
RSSリンクの表示
検索フォーム
当ブログを携帯で読む
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。