スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京葉線E233系

10月20日(土)の撮影分です。
先日の記事「復原された東京駅」の続きです。丸の内駅舎を見学した後は、目的地へ向かうために京葉線に乗りました。
今回は、京葉線の車両について紹介します。

丸の内駅舎(南改札)から約400m(!)というとんでもない距離を歩かされるのですが、行きついた先には赤色の帯を巻いたE233系が止まっていました。
jre_e233-5013_20121020-001.jpg

前面の行先表示
jre_e233-5013_20121020-002.jpg
表示は数パターン切り替わります(種別・路線名・行先、日本語/英語)。コンデジでは追いつかないので、この分のみの撮影です。
表示の両脇にあるのは、尾灯のようです。

先頭部の様子と前方の車止めを望む
jre_e233-5013_20121020-003.jpg
JR東の車両によくみられる先頭形状。乗務員室のスペースが広いため、最前部の乗降扉の位置がズレています(側窓も一回り小さくなっている)。

側面の種別・行先表示
jre_e233-5013_20121020-009.jpg
種別・路線名・行先(日本語/英語表示)の他、次の停車駅も表示されます。

車外の車番表記
jre_e233-5013_20121020-007.jpg

乗務員室仕切り部
jre_e233-5013_20121020-004.jpg

車端部の車番・号車表示
jre_e233-5013_20121020-005.jpg
JRでは唯一、車両製造工場を持つ東日本。新潟県の新津車両製作所で製造された、自社製車両です。

1号車・クハE232-5013の車内
jre_e233-5013_20121020-006.jpg
関東の車両に見られる特徴的な車内。バケットシートに座席の仕切り部が目立ちます。
民鉄の一部形式でE233系ベースに製造されている車両があり、関西では南海電鉄8000系もこのような車内となっています。

1号車・クハE232-5013の車端部に設置されている、車いすスペース
jre_e233-5013_20121020-008.jpg
窓下の出っ張りはヒーターと思われます(間違っていればご指摘ください)

車内の各扉上部にあるLCD
jre_e233-5013_20121020-010.jpg
左はニュースや企業CMなどが、右は停車駅等の案内が流れます。

jre_e233-5013_20121020-011.jpg

2012.10.20撮影

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ
スポンサーサイト

復原された東京駅・丸の内駅舎

10月20日(土)の撮影分です。
実は、10月20~21日の間、所用で東京へ行ってきました(但し、観光目的ではないので悪しからず)。目的地は京葉線の某駅ですが(敢えて伏せておきます)、折角なので復元された東京駅の丸の内駅舎をチョットだけ見学しました。
コンデジ撮影で拙い画像ですが、是非ご覧ください。


東京駅丸の内駅舎は、1945年の第二次世界大戦により南北のドーム及び3階部分が焼失しました。戦後長らくの間、2階建てで営業していましたが、5年4カ月を掛けて保存復元工事が行われ、南北のドーム及び3階部分が復活。合わせて、ステーションホテルや駅ナカの店舗もオープンされました。

JR東日本では、「復原」と称しています。

北側のドームを望む


左に僅かに見える車両は、高架となっている中央線のE233系です。

南側のドームを望む



復原された駅舎の、最大の目玉と言えるドーム。南北とも、改札を出てスグにあります。



ここからは、改札内の様子をチョット。


丸の内駅舎復原に関する説明が記載された看板


以前から大切に保存されている、煉瓦で作られた外壁


大正時代の様子を伝える看板


今回は時間の都合でじっくり見ることは出来ませんでしたが、我が国の重要文化財として伝統と格式ある駅舎は見る価値があると思います。
お金と時間に余裕があれば、ステーションホテルに泊まってみたいと思っています。


おまけ・復原工事完了直前(2012年7月1日現在)の様子



特記の無い画像は、2012.10.20撮影


にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ

185系・特急「踊り子」

7月に入り、当方としては実に5年ぶりとなる東京へ行ってきました。
ただし、目的は野球観戦(神宮球場)でも旅行でもないので撮り鉄に時間を割くことはできませんでしたが・・・東京近辺で撮影した画像を3回に分けて紹介します。
まずは、東日本エリアとしては珍しい?国鉄形車両の特急「踊り子」を見てきました。
画像


特急マーク、及び「踊り子」ヘッドマーク
画像


1号車・クハ185-5の先頭部
画像
運転席用の窓が設置されています。
特急車両としては珍しく、乗降り扉が1000mmに拡張されているのが特徴です。

4号車・サロ185-6
画像
10両編成中、2両がグリーン車となっています。

側面の行先表示幕
画像


愛称名は言うまでもなく、川端康成の小説「伊豆の踊子」から来ています。
新車に圧されて見る機会がなくなったと思いきや、関西でいう「雷鳥/サンダーバード」「くろしお/オーシャンアロー」のように国鉄形とJR形の両方で運行されるのは珍しいのではないでしょうか。

今回撮影したのは、A3編成・10両編成でした。

←東京
10号車
クハ185
9号車
モハ185
8号車
モハ184
7号車
モハ185
6号車
モハ184
5号車
サロ185
4号車
サロ185
3号車
モハ185
2号車
モハ184
1号車
クハ185
1059910105611115

以上、画像は東京にて 2012.07.01

185系は、京阪神間および東海地区の新快速として使用されたこの117系がベースとなっています。片開き扉、デッキ付き、一段下降窓といった違いがある以外は、特急から普通まで使用されてもおかしくない車両のように思えます。
※117系でも、100番台は一段下降窓
画像
画像
和歌山にて 2012.01.27


両形式とも、国鉄形としては高レベルな車両。末永い活躍を願わずにはいられません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ

アクセスカウンター
プロフィール

あまのトら

Author:あまのトら
鉄道・バスをはじめ、車やカメラなど多趣味な尼っ子です。
この度、ウェブリブログより移転しました。ブログ歴は3年6か月になります。

FC2ブログランキング
車両動向
バス車両・鉄道車両/編成の最新動向一覧です。随時更新します。
阪急バス
兵庫地区・京都地区・豊中・加島・能勢
阪急田園バス
阪神バス
尼崎市営バス
伊丹市営バス

阪神電車
リンク
当ブログ、以下のサイト共々よろしくお願い申し上げます。
リンク集へ...
カテゴリ
最新コメント
阪神タイガース
ジオターゲティング

ジオターゲティング
Track Word
RSSリンクの表示
検索フォーム
当ブログを携帯で読む
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。