スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三木鉄道記念公園にて その2

9月9日(日)撮影分の、三木市にある「三木鉄道記念公園」訪問記。
2回目は、メインともいえる「三木鉄道ふれあい館」について紹介します。この建屋には、三木鉄道に関する写真や資料・鉄道模型などが展示されています。

三木鉄道ふれあい館の玄関
画像


画像
館内には、写真や模型などがこのように展示されています。
また、地域の幼稚園の園児が描いた絵画も展示されていました。

画像
画像
国鉄三木線として最後の運転、及び三木鉄道開業後の写真などが展示されています。

ガラスケースには、三木鉄道に関する各種資料が展示されています。三木市内・市外を問わず、三木鉄道を愛する方々から寄贈されたものも含まれます。
画像

画像
三木鉄道に関するパンフレット。右側は、初代・ミキ180形の車両紹介パンフレットです。

画像
実際に使われた「サボ」など、各種物品もありました。

画像
C62形蒸気機関車の模型。
これは三木市在住の男性の方が作られ、大切に保存されたものです。この男性はお亡くなりになっているのですが、この方の夫人がふれあい館へ2011年に寄贈されました。
このケース内にスイッチがあり、車輪が回る仕組みになっているようです。


また、展示スペースとは別に、テーブルや椅子が用意され、休憩することも可能です。また、コーヒーなど飲み物を注文することも可能です。
「鉄道ファン」をはじめとした過去の雑誌が数多く取り揃えられているので、じっくり読むのもアリです。

画像
来場記念スタンプ。かつての三木駅の駅舎がデザインされています。


次回は、公園の西側について紹介します。

2012.09.09撮影

【関連記事】
三木鉄道記念公園にて その1


にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ

スポンサーサイト

三木鉄道記念公園にて その1

先週、私は個人的に一段落したので、この機会に実家へ帰りました。その際に、撮り鉄・撮りバスをしてきました。
個人的に行って見たかった所が何箇所かありましたが、その内の一つが、三木市にある「三木鉄道記念公園」です。
この公園内について、3回に分けて紹介します。

画像
公園の東側にある踏切の警報器。「三木鉄道記念公園」看板が付いています。
※右側の建物は、公衆トイレです。

三木鉄道は、1985年4月に国鉄(現JR西日本)加古川線・厄神~三木間を結ぶ旧三木線を引き継いで開業した第三セクターです。乗客減による経営状況悪化により、2008年3月をもって廃止となり、会社も解散しました。
旧三木駅周辺の整備等を兼ねてこの公園が建設され、2010年春にオープンしました。
なお、廃線後の路線は代行バスとして、神姫バスが運行しています(→ こちら の記事を参照)。

三木鉄道ふれあい館
画像
画像
ふれあい館の左側の建物は、「MIKI夢ステーション」です。惣菜や食品など地元の名産品を販売する所で、旧三木駅の車庫を改修した建物です。
※ふれあい館の館内については、別記事にて紹介予定です。

画像
画像
ふれあい館付近に設置されたバス停。
三木鉄道代行バス、およびコミュニティバスが停車します。
※バス停車中の様子は、下記リンクよりご覧ください。
バスと風景・その22 三木鉄道記念公園にて

画像
ふれあい館の西側。駐輪場となっています。

ふれあい館北側の駐車場付近に置いてある花壇。
画像
画像
加古川線電化、及び乗客増のキャンペーンです。加古川線はすでに電化開業しています。

次回は、ふれあい館について紹介します。

2012.09.09撮影

にほんブログ村 鉄道ブログへ にほんブログ村 鉄道ブログ

アクセスカウンター
プロフィール

あまのトら

Author:あまのトら
鉄道・バスをはじめ、車やカメラなど多趣味な尼っ子です。
この度、ウェブリブログより移転しました。ブログ歴は3年6か月になります。

FC2ブログランキング
車両動向
バス車両・鉄道車両/編成の最新動向一覧です。随時更新します。
阪急バス
兵庫地区・京都地区・豊中・加島・能勢
阪急田園バス
阪神バス
尼崎市営バス
伊丹市営バス

阪神電車
リンク
当ブログ、以下のサイト共々よろしくお願い申し上げます。
リンク集へ...
カテゴリ
最新コメント
阪神タイガース
ジオターゲティング

ジオターゲティング
Track Word
RSSリンクの表示
検索フォーム
当ブログを携帯で読む
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。